YOHEI OHMORI OFFICIAL WEBSITE

This song has always been there in my ordinary days

Best wishes on your 20th anniversary words of congratulation

洋平さん20周年おめでとうございます!
出会って16年でしょうか。
あの風呂に一緒に入った日からあなたは僕のヒーローになってました。
輝き続けてもらわにゃ困ります。
僕のヒーローですから!

どうしようもなくなった時は一緒に便利屋やりましょう(笑)

traffic hair&make 阿部 孝介

▲page top

数多の楽曲に彩られた20年は、洋平そのものであり
洋平を愛する皆さんの20年でもあります。
洋平ぶらず洋平らしく。
これからにも期待しています。
洋平20周年!カープ25年ぶり優勝!
石澤カンレキー!
真っ赤に 燃えましょう!!

楽座 石澤 良一

▲page top

洋平デビュー20周年おめでとう。
洋平が唄うことを続けてきたので、出逢うことが出来ました。感謝。
「ガーデン」のMV作ったのが4年前ですか。
その前から呑んだりはしてたけど、カメラ越しに見た洋平は、「おお、こいつ絵になるな」って。以前は凄い人に映像作ってもらってたと聞いていたので、ファーストプレビューは緊張したのを覚えています。
その後もいろいろ関わらせてもらってますが、今でもライブのたびにグッとくるものがあります。
基本は、気のいい呑んべいの兄ちゃんだけど、唄には真摯に向き合ってるからだろうと思います。
20周年通過点って事で、これからも素晴らしい唄を歌って、みんなに愛されてください。
洋平のこれからをますます楽しみにしてます。
おめでとう。

EDDIEBOND 稲冨 毅(映像クリエーター)

▲page top

洋平はブレずにずっと歌に拘り歌に取り憑かれ誰かに褒められる事や評価を気にしないで今もここに居る。
誰もが憧れ尚且つある意味 誰もが出来ない偉業を今も素知らぬ顔(ハンサム)で続ける大馬鹿者。

本当に馬鹿、でも本当に大事な馬鹿、俺は大好きな馬鹿、まともな人達はまだ遅くないよ、洋平を見習いましょう。

スキップカウズ 今泉 泰幸

▲page top

「あなたがいる あなたがいる 僕が生きる すべての理由」
大森洋平が紡ぎ出したこのフレーズが時々、
とてつもなくフィロソフィカルな感覚で刺さり、
染み入り、そして何となく頑張ろうという気持ちになって、
また次に大森洋平に会うまでの短いサイクルを乗り切って、、、
大森洋平に出会ってからを改めて振り返ると、きっとこんな感じだったなぁと思うのです。
きっとそれはいわゆる“感動”と同種のもので、
不特定多数に“感動”を与え続けてきた大森洋平の20年は計り知れず偉大です。
これからの20年も歩みをとめず“感動”を放出し続けてください。
微力ながらLOVE MANの愛を届けるお手伝いができればと思っています。
また、大いに飲んで語らいましょう!

祝・大森洋平20周年

NBCラジオ佐賀 彌永 宏一郎

▲page top

洋平君、デビュー20周年おめでとうございます。
そんな音楽とか全く興味が無かった自分が、初めて歌を聴いた時鳥肌がたった事本当に鮮明に憶えてます!
これからも、全身鳥肌たつ歌を聴かせてください(^_−)−☆

内川建設 内川 聖司

▲page top

大森さん!
デビュー20周年おめでとうございます。
大森さんの歌声を初めて聴いたのは
映画「1リットルの涙」で流れていたグライダーです。
曲中での「否応無く巻き込まれる世界を自分の意志で飛ぶのさ」
とありますが、、。まさにその歌のとおりの方だなって
近くにいながら密かにググッつと、、、きてますw

これから先もずっと唄い続けていかれると思います。
20周年といわず30、40、50周年と
(ちょっと気が早いかもしれませんが、、w)
かっこいい先輩、、いやシンガーソングライターであってください。

本当に20周年おめでとうございます。

Key 内倉 健吾

▲page top

デビュー20周年おめでとう!
洋平君は、僕の中ではとにかくやんちゃなイメージ。
変に落ち着かないで、このまま永遠のやんちゃ坊主でいてほしいです。

そうそう何回も会っているけどまだ一度も一緒に演ったことがないね、これを機にぜひ!

ウルフルズ ウルフルケイスケ

▲page top

洋平と我々スキップカウズはソニーから約半年違いでデビューというほぼ同期、
しかもディレクターも同じだったので、
今よりだいぶとんがってて他のアーティストにはとっつきにくそうだった洋平もうちとは割と仲良かった(笑)。

その時から十数年ぶりに再会してもっと仲良くなった現在、
ギター一本できっちり勝負してる洋平を素直に尊敬してますわ。
歌も十代だった頃より、説得力と深みを増して心に染みる。

正直、聴いてるとき泣きそうになる。

洋平が20周年ということはうちもそうなわけで、お互い頑張ってるね(自画自賛)。
そしてこれからも楽しく頑張りましょう!

洋平、20周年おめでとう!

スキップカウズ 遠藤 肇

▲page top

歌唱力、楽曲、ルックスと言う芸術点
全て申し分ない。
オリンピックだと金メダル。

酒に飲まれる事をマイナス点として計算しても銀メダル取れるはずなのに。

俺は信じてます。彼が国民に認知されるべき人物である事を!

20周年おめでとうございます!

The One Nights. viva la silva
梶浦 雅弘

▲page top

私達は大森洋平の天才的な歌唱力に圧倒されました。
30th目指して GOES ON!

カフェミルトン

▲page top

20周年おめでとう!
次会った時、テキーラ20杯おごるわ!!
又、何処かの街で逢おう!!

DOC HOLiDAY AND APACHE TRAiN 小屋敷 仁史

▲page top

洋平20周年おめでとう!
今後もさらに皆に愛されて活躍して下さい。
10年後もお祝いが出来る日を楽しみにしてます。
by 相馬の親父

相馬 Food&Bar 101 塩沼 義治

▲page top

私が初めて洋平ちゃんに会ったのはたしか00年だから、
あの時、シンガーソングライター大森洋平はまだ4歳くらいだったのね、
その子がもうはたちなのね、と驚きつつ感慨深く。
野良犬の誇りと継続に乾杯。
愛されることに慣れては駄目よ。届かないものを、ずっと愛してね。

篠原美也子

▲page top

大森洋平デビュー20周年。
改めて、おめでとうございます。

僕が高校三年生の時、大森洋平はデビューした。
友人が「彼女」をFM 802で聴いて、インストアに行きたいと言ったのに一緒に行ったのがきっかけ。
(この友人は、「彼女」にでてくる女性のような、当時の彼女と結婚し、今も幸せにくらしている)
初めて聴いた大森洋平は、“抜群”だった。
ルックスの男前さもそうだし、歌声、曲。なにもかもがかっこよかった。
そこから暫くして自分も「あんな曲かきたい」と曲を作り出すことになる。
そこから様々な出会いの中で、【尼崎BLANTON】で働く事になったので、
ある意味、僕の人生を狂わせた主要人物ですね(笑)
これ以上は長くなりすぎるので割愛します。。。

そこから、当時の事務所に何度かオファーして初めてブラントンに出演してもらった時は、どんなに嬉しかったか。
僕が上京して、レーベルで働き始めて一緒に仕事しだして「ドラマチック」をリリースした時、どんなに幸せだったか。
その会社を退職した後独立してそこで配信シングルから「ガーデン」リリースまでの流れに、どれだけの充実があったか。
ガーデンをリリースした後に一度、僕自身の成長のために、お互いの成長のために一度スタッフとしての関わりは終わったけど、
それでも僕があの歌のファンなのは変わりがない。

大森洋平のデビュー20周年は僕にとっては、ファン歴20年という事になります。
人生の半分以上が、心がしんどい時に聞いていたのは常にこの歌だった。

そして、久しぶりに見に行ったライブで聴いた、新曲の数々は、どれも好きなものだった。
「ONE」しかり、「夜明け前」しかり。「honey」「バイバイbabyまたさよならだ」なんかもそうだ。
もちろん書けない時、良くない時はあったろうと思う(20代とかw)。
でも、今が一番良いって凄い事だと思う。
そうやって、心を鷲掴みにされるから困ったものだ。

これからのウタウタイ大森洋平の歌を今までもこれからも楽しみにしています。

エコーズエンタテインメント/【尼崎BLANTON】代表
柴 正明

▲page top

まだ知り合って間もないころ、慣れない都内へ恐る恐る観に行ったライブの打ち上げの席で「今度一緒にやろうよ」と言われたときは冗談かと思った。

それからは本当にあっという間の展開で、バンドになり、レコーディングがあり、各地でライブをし、これを書いている今はツアーリハの真っ最中。

デビュー20周年おめでとう。

そんな節目に、一緒に演奏出来ることがとても嬉しい。洋平ちゃんといると、ワクワクが止まらないよ。
これからも、冗談みたいな、夢みたいなアイディアを現実にして行こう。

いつでも準備はOKだ。

柴田 拓也

▲page top

洋平、デビュー20周年本当におめでとう!
初めて生で唄う洋平を見たのが1997年10月29日
ナミキジャンクションだった。
その時の疾走感とバラードでの説得力・力強さは今もココロに残ってる。
俺にとっては関わりが多くなってからも洋平は変わらずあの日のままの洋平です。
まだまだこれから!
本当におめでとう。

広島市 立本 啓三

▲page top

NEW!

やんぺいちゃん、20周年おめでとう。

いつ歌を聴いても、「生きてる」ことを、自問させられます。
俺は生きてるぜ、お前はどうだ?と。

こいつには歯が立たんとへそを曲げつつも、
同じ時間を歌えて、誇らしいです。

まだまだ、これからも、たのむ。

尊敬してます。

シンガーソングライター 高い声 谷口 崇

▲page top

大森洋平がこの世に生まれて来て40年。
大森洋平が生まれ変わって20年。
デビューの成人式。色々と節目の年ですね。
これからも20年前の覚悟を忘れず、
音楽とファンの皆さんを愛し続けてください。
心からおめでとうございます。

Bassic. ダイ

▲page top

NEW!

洋平君20周年おめでとうございます。
色んな奇跡、色んな絆の繋がりで出会って早4年
これからも熱い魂を伝えて続けて下さいね。
ずっと応援しちょります。

LIVE MOVE代表 中本 勝得

▲page top

NEW!

「kiseki」

今想えば、デビューして間もない頃、尾崎のファンでも浜省のファンでもないのに、「(尾崎豊+浜田省吾)÷2=大森洋平」と書かれたCDショップのポップが目にとまり、何気なく手にしたあの日から、ここまでが繋がっている軌跡。
唐突にCMソングとしての楽曲制作を依頼したその帰り途で「(天から)降りてきた。」といって生まれてきた楽曲「光になりたい」の奇蹟。
大森洋平の魅力は、いろんな出逢いの奇蹟を、自分の歌でどこまでも続く軌跡として表現できるところかもしれない。
「(奇蹟×軌跡)÷2=大森洋平」
20周年から始まる新しい「Kiseki」を楽しみにしています!

ふくおかフィナンシャルグループ 永吉 健一

▲page top

NEW!

「まだまだ」

ひとまず20年経ったけど、
まだまだこれから先、何十年も歌っていくのだから、まだまだ、だ。
お前の歌を知らない人がひとりもいなくなったとしても、まだまだ、だ。
お前の歌にはその先があると感じている。

お前が歌うべき歌はまだまだある。
心からのおめでとうはいつでも贈るけど、
本気のおめでとうは、お前がトドメを刺された時までとっておく。

心からおめでとう。

MASUKE WHITE BUFFALO DRUM(野崎 真助)

▲page top

20年。
歌い手として成人式なのね。
人としてはずっとチュー坊なのにね。
私、洋平を表す言葉が思いつかないし、何にも例えられないの。
ただ、洋平の事、であってからこれまでの24年間、変わらず、ずっと大好き。
明日も洋平の事好きだし、40周年を迎える頃も変わらず洋平が好きだと思います。

そろそろ飽きるかなと思ってたの。
でも、今回のツアーで新曲をきいて
『あ〜。20年たって、まだこんな唄が生まれるのが大森洋平なのか』って
ため息が出ました。
やっぱり飽きそうにないね。

なんだかんだ、今も私が歌い続けているのは
半分は君の責任なんだよ。

ありがと。おめでとう。
いい唄うたいだ。

だいすき。

nonchamp

▲page top

兄さん、この度は20周年おめでとうございます!!
ステージの上でギラギラしてる時も、お酒飲んでグダグダな時も、洋平さんはいつでも最高の先輩です。
これからも真っ正面から、横顔から、後ろ姿から、たくさん学ばせてもらいたいので、、何はともあれお元気で!!!

シンガーソングライター 拝郷 メイコ

▲page top

洋平さんは本当にスターです!
山口のイベントに出ていただいた時もスターがステージには立っていました。
それでいてとても優しくて、かっこよくて、私の中で憧れのスターです!
これからも背中を追って私も歌っていきたいです!
20周年おめでとうございます!!

シンガーソングライター 原田 侑子

▲page top

洋平さん、20周年おめでとうございます。
早いものですね、洋平さんと出会って8年と少しですが色々お世話になりました。
これからも歌の旅を頑張って下さい。
益々の活躍を祈っています。

広島 星の指輪 浜田 省八(^○^)

▲page top

洋平、おめでとう。
洋平と出会って約20年か。
いろんな事がありすぎて、言葉が出てこない。。。
ま、これからもずっと大森洋平ファンなので、よろしくね。

東島 豊

▲page top

Dear YOHEI
洋平君との思い出で特に印象深いのは
2012.7.14森永さんが息をひきとるまさにその瞬間、
ブギハウスで歌ってましたね。
なんか運命を感じました。
20周年、おめでとうございます!
今後も大活躍願っております。
例の約束、忘れないでね(笑)

山口県周南市 藤井 勉

▲page top

20年よく続いたなぁ。
それはおまえがこれしかできないから
そして周りのみんなが支えてくれたから
すべてに感謝です…
継続は力なり…!!
続けていればいつかいいこともある。
やめてしまえばすべてが終わる。
これからも益々調子こいて泣いて笑って酔っ払って人生楽しんでください。

EFコーポレーション
福嶋 伊玖魔

▲page top

えー、もう、20年になるのかぁ〜。
おめでとうございますぅ。

古村 敏比古

▲page top

音楽ジャーニー20周年おめでとうございます。

かつて自分もデビューした頃、プロフィールの座右の銘に、”石の上にも二十年”と書いていたのを思い出します。

現在心のプロフィールには、”石の上にも五十年”とアップデートされてしまいましたが…

共にさらなるジャーニー、よろしくお願いします!

溝下 創

▲page top

NEW!

金木犀の香りが漂い出しました。
20th anniversary yearの始まりですね。
洋平、20周年おめでとう!
そして、ファンの皆様、おめでとうございます。
20年間の、ほんの少しだけ一緒に居れたこと、本当に幸せでしたし、感謝の気持ちでいっぱいです。
日本各地に車で出掛け、代官山でのストリート、ウラジオストク、そして金沢。
洋平も新米マネージャーで、よく我慢してくれました。
これからも1ファンとしてlive行かせてもらいます!
いや、何かあったら、マグライト持って大至急!駆けつけますぜっ!
また、洋平とその仲間たちと旅いきたいなぁと思う今日この頃。
益々、洋平の魂を爆発させて下さい!

宮川 祐文

▲page top

NEW!

洋平、デビュー20周年おめでとう!

ギターを1本ずつ持って全国を旅したのは20年ちょい前の
ふた昔も前ってことか、そりゃあ歳をとるね。
あの頃は10年先も20年先の事なんてお互い見えていなかったかもしれないけど、
今は見えるね、きっと10年先も20年先も旅を続け唄い続けていると。

言いたい事、謝りたい事たくさんあるけど、なかなか実現できてない
サシ飲みできる日が来た時に言うわ。

本当におめでとう!!

2代目マネージャー 森 正一

▲page top

洋平とHEATWAVEの打ち上げの席で再会したのが5年前。
彼がデビューした時の衝撃は今でも脳裏に浮かんで来る。
あの時は自分も若く業界も勢いがあった時代。
若者が、CD屋に屯ろし良い音楽を求め聴きあさってた。
彼のデビューアルバム「20R.P.M.」は、たかだか4万人にも満たない、高校も男子高と女子高の2校しかない街で100枚以上売れた。
そんな数少ない高校生たちが大森洋平を相馬へ呼びたいと署名活動を始めた。僕の記憶では800名ほどの署名が集まり当時所属していたメーカーなどに僕は、その愛が詰まった署名ノートを持って交渉に行った。また、今だったら許されない事だろうが、洋平ファンの女子高校生を東京でのLIVEに連れて行ったりしていた。
しかし、そんな熱い願いも叶わず時が過ぎていった。
そんな大森洋平という忘れたくても忘れられないミュージシャンと15年の歳月を経て、今こんな付き合いをさせて貰っている事に不思議な縁を感じています。
彼の才能と人柄は、これから先大きなWAVEを感じます。
また、俺たちから遠く離れた存在になって欲しいと洋平のLIVEを観るたびに思います。
僕が生きてるうちに武道館まで登りつめてくれ。
おめでとう洋平。
でも本当の意味で、これからだぞ。
くれぐれも、調子こいて酒飲み過ぎないように。
イイ曲つくれよ。
イイLIVE沢山やれよ。
そして売れろよ。

モリタミュージック 森田 文彦

▲page top

洋平

おめでとう!
20年って、ダテじゃないよ。

今年、福島で洋平の歌、生で聞いて、身体張って生きてきたんだって思った。
オレ、こいつの想いに響くギター弾きたいって思ったよ。

オレが必要だったら、いつでも行くよ。

HEATWAVE 山口 洋

▲page top

自分は震災後からのお付き合いですが、
いつも、とても良い時間を貰ってます。
あんがとネ!これからも応援してます!
20周年ホントおめでとう!!

郡山HANGOVER 山澤 弘忠

▲page top

しなやかで美しいビジュアルと、
極太の逞しい精神を持ち合わせ、
歳を重ねる程に輝く大森洋平。
20年後も楽しみです。

デビュー20周年おめでとうございます!!

RAG-G/Rock Ride/Riff 吉田 由美子

▲page top

洋平、20周年かぁ~
おめでとう!
いつの間にか家族のような長い付き合いになったよな。
アホなことから真っ直ぐなところまで振り幅の広い人間が好きなんです。
洋平のようにね。
これからもヨロシク頼むよ!

HEATWAVE 渡辺 圭一

▲page top

page top